お姫様気分になれるホストクラブを上手に楽しむ

お店を楽しむ方法

お店で楽しく過ごし、そこの常連となることは、安心してはしゃぐことのできる場所を確保することでもある。そのためには、マナーやルールを守って楽しみたいものである。
料金が発生する場所でもあるので、遊ぶ予算を考えながらホストクラブは楽しむことが求められる。しかも水商売の中でホストやホステスに接客をしてもらう店は高い料金になることもある。
贅沢をしたいとき、一ヶ月に一度の楽しみを充実させたいときにホストクラブを利用するのは良いことなので、計画的に、そしてお店のシステムを最大限に利用して楽しみたいものである。

ホストクラブの営業時間を知っておくと、仕事や用事の都合をつけて遊ぶことができる。
営業時間は基本的に一部と二部に分かれている。一部は夜の7時から12時まで、二部が日の出から昼12時か1時までとなっている。
ホストクラブは他のキャバクラと同じく、夜12時を越えての営業は許可されていない。これは法律で最近決められたことなので、初期のホストクラブとは大きな違いがある。
その代わり、午前中の営業を多くの店が行なうようになってきているので、新しい遊び方を考えることができる。

そして一番重要なのが料金体系である。ホストクラブは基本的に、セット料金やテーブルチャージ料、指名料、飲食代、サービス料を合算して請求されることになる。
初回料金であれば基本的に安い値段が設定されているため、サービスを見極めたいときに使うことができる。
テーブルにつくと自動的に料金が発生することになり、一時間ごとに徴収されることになる。ホストを指名するときにかかるのが指名料で、これがかかるところとかからない店に分かれる。
また、飲食代にはドンペリなど高級な酒が含まれるとその分高くなる。